×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





 パニック障害克服・パニック障害は自分で克服しよう



パニック障害カテゴリー



関連サイト
◎パニック障害は自分で克服しよう

 自分もパニック障害を持っていますが、克服しています。人はこの世限りのものではないということを知ったことも大きなことでした。治療をしているのにパニック発作を繰り返していれば、「完治するのだろうか?」と不安になると思います。とは言っても薬を全く否定するものではありません。本当ならそんな時でも傍に信頼できる人がいてすべてを受け止めてもらえると薬なんていらないとは思います。その根本の原因となっている心のエネルギーをつかまえて育てて行けばパニック障害という結果も変わってゆくのですね。薬は一時症状を押さえるだけのものです。でも今は一切関わりを持たずに生きています。

一時は仕事もできないくらいな状態でしたが、今は普通に仕事もやっています。心を育てて行けば、無理をしなくても薬は必要なくなって来ると思います。自分がやったことはたったの2つです。それは世界も人も信じて愛そうとるす心ですね。それが根となってパニック障害の芽が育って行くような感じです。この状態をパニック障害を克服したと思ってくれるなら、その方法をお伝えしたいと思います。時折かるいパニック発作が起きますが、病院に行く必要もなく、薬をのむ必要もなく過ごしています。心が育たないうちは薬をやめようとしても難しいものでした。

人それぞれに条件は違うと思いますが、無償の愛を感じて育った人は心の奥の無意識で人や世界を信頼しています。パニック障害の克服はできますか?原因もよく分からずに突然のパニック発作を繰り返すパニック障害の克服は難しい病気だと思います。特にパニック障害は他人には理解できないもので、受け止めきれないものでもあるでしょう。しかし、親の愛を感じて育っていない人は人や世界に対して不信感が心の奥にあります。自分でもどうにもできずに本当に大変な時には、薬の作用に頼るしかない時もあると思うからです。絶対の安心がそこにはあります。それは子供の頃、親に無条件に愛された感覚がないということです。何も信じられないような強い不安や恐怖でも、本当の世界の姿がわかれば変わっていきます。

パニック発作に陥っている当人にも理解できないものだと思います。なぜ病院に行かないのか?それは病院では治せないと思ったからです。病気の根本を取り除き完治させるものではないということが分かったからです。パニック障害になりやすい人にはある特徴があると思います。薬は副作用もあるので、出来れば飲まないで済ませることが出来ればそれに越したことはないと思います。それは言葉では表せない無意識に吹き出すような心のエネルギーです。さらに言えば病院で薬をもらって飲んでいるうちは病気のままだからです。それはパニック発作とは縁遠いものだと思います。

もしあなたも同じように苦しんでいるなら、心の奥にある恐怖心を見つめてみてください。それが発作という形で見えるということだと思います。その強い恐怖心には、原点となったきっかけの出来事があるはずです。恐怖心が引き出されても自分で何とかできるレベルになっています。血圧が上がりめまいがして倒れるかもしれません。パニック障害の原因が心の奥にある恐怖心だとしても、なぜ関係の無いときにパニック発作は起きてしまうのかということです。自分の場合も、いつ何時、パニック発作が起きるかわからず、日常生活に支障をきたしてしまうことが問題でした。実際には心と身体は一つに繋がって影響しあっているようなところがあると思います。

心の奥に絶えず不安感があると身体も常に緊張しています。この恐怖の自動回路は心の奥に強い恐怖心があって生じるもののようです。恐いものに遭遇した時に身体は極度に緊張をします。恐怖心は子供の心と言っても良いかもしれません。これは心が強い恐怖心に襲われた時に身体がそれに呼応するように反応してしまうものだと思います。その緊張がある一線を越えると突然大きな不安が引き出されて、自動回路のように動き出してしまうのですね。自分の経験では、恐怖な出来事が目の前に無いにも関わらずパニック発作が起きてしまうという不思議な現象があります。

肉体的には脳の神経細胞あたりに異常がありそうというようなレベルでしょうか。このパニック障害を克服するには、心の奥に横たわる強い恐怖心の正体をつかみ、外に出すことが必要だと思います。動悸が激しくなって手足が震えてきたり痺れたりします。難しいのは心と身体を別々に見ているからかもしれません。普段は奥にしまいこまれているものですが、何かのきっかけで引き出され動き出す感じです。自動回路は一度動き始めると止めるのが難しいものです。しかし、そういう事態が無いにもかかわらず、パニック発作が起きてしまうことが病的だということになるのでしょう。一通り動いた後に少しずつおさまるまで時間を待たなければなりません。

子供の心はデリケートですから、大人が何気ないことでもショックは大きいいものです。今、まさに恐怖な出来事を体験している場合には、身体が反応を起こしてもおかしくはありません。私もパニック障害の経験を持つ一人です。パニック障害の原因はまだ詳しくは分かっていないのが現実のようです。ほとんどは幼少期の出来事になると思います。このことから考えると、パニック障害の原因は心の奥に眠っている強い恐怖心と言えるのではないでしょうか。その幼い心を見つけ出して、自ら育ててあげることでパニック障害は克服されてゆくと思います。ハッキリ正体がつかめたら改善できると思います。

自分は、パニック障害を克服!精神科医が監修したパニック障害克服プログラムをおすすめします。






HOME | サイト運営・お問い合わせ | サイトマップ
無料情報商材の案内サイト INFO GRAND free/オプトイン(無料オファー)のあるアフィリエイトセンター一覧/FX節税方法/金運上昇/交通事故で慰謝料を増やす慰謝料交渉術/短期間ダイエットプログラム/薬を使わないで高血圧を改善する方法/視力回復関係/悩み解決情報検索サイト/ニキビが出来ない肌になりました/薬を飲まないと眠れない/緊張を無くす「緊張対策」とは?/うつで休職中/ほうれい線を目立たなくする方法/ロト7の予想ソフトを探しています/銀座 薄毛 無料相談ならここ/芸能人愛用ファンデーションを探しています/最新高血圧治療を受けたい方へ/「オーガニックモテ」の世界へ/短期間で今すぐ痩せる方法を探しています/モンスターハンター・月下雷鳴のAT確率を大幅にUPさせます/健康診断対策にプロステビア/ゲームで視力回復「アイアップ!」/投手のトレーニング法/借金返済達成*借金返済マニュアル/最新競馬予想ソフト一覧/最新ダイエットプログラム一覧/おならが臭わない消臭パンツ/洗顔石鹸ランキング1位・ブライトニングソープ/最新FX自動売買ソフト一覧
Copyright (C) パニック障害克服・パニック障害は自分で克服しよう. All Rights Reserved.